こんにちは、九州在住ライターのまゆです。

九州や北海道の方にはおなじみのヨーグルッペですが、全国では販売されているところが意外と少ないんです!

最近では、人気アニメ『3月のライオン』や『秒速5センチメートル』に登場したことで全国的に知られるようになったことから、「ヨーグルッペってどこに売ってるの?」と、現在も探している人が多いようです。

そこで今回は、ヨーグルッペはどこに売ってるか徹底調査しました。

さらに、ヨーグルッペには味のバリエーションもあるので、どんな味の種類があるのか、全種類はお店で手に入らないのか、についてもご紹介します!

あなたの近くのお店で手に入る可能性もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

ヨーグルッペが売っているところ

ヨーグルッペ

ヨーグルッペは、九州南部(宮崎・鹿児島)や北海道ではスーパーやコンビニなどで簡単に手に入るようです。

ちなみに、筆者の住む九州北部でも一部スーパーで売られていますが、ほとんどのスーパーやコンビニでは取り扱っていませんでした。

ただ、高校のパックジュースの自販機では普通に売られていましたよ。

九州・北海道以外の地域でも実は販売されているとの情報を集めましたので、お近くにお店がある方は探してみてくださいね!

九州・北海道以外でヨーグルッペを売ってるお店

・成城石井
・ドン・キホーテ
・TRIAL(トライアル)
・ダイレックス
・ハローズ
・マックスバリュ
・宮崎県・北海道のアンテナショップ

 

その他ヨーグルッペを売ってるお店情報

・スーパーの特設コーナー
・秋葉原の自販機
・淡路ファームパークイングランドの丘(兵庫県)の自販機

 

こういった情報がありました!

2020年9月に朝のテレビ番組ZIPで紹介されたこともあり、Twitterで「ヨーグルッペ」がトレンド入りしましたね。

なので、今後九州や北海道以外のスーパーでも取扱うお店が増えるかもしれません。

近所に普段あまり行っていないスーパーがあればぜひ足を運んでチェックしてみてください!

どうしてもお近くにヨーグルッペを売ってるお店がない!という方は、ネットで購入することもできますよ。

送料がかかるので基本的にまとめ買いになるかと思いますが、ヨーグルッペは常温で120日保存できるのでおすすめです!

南日本酪農協同株式会社のオンラインショップ

 

Amazon・楽天

created by Rinker
デーリィ
¥1,780 (2020/10/20 07:00:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

SPONSORED LINK

 

ヨーグルッペって北海道産と宮崎産があるの?

ヨーグルッペ

ヨーグルッペは宮崎県にある南日本酪農協同株式会社のものと、そのグループ会社である北海道日高乳業のものがあります。

なぜ北海道産と宮崎産があるの?

ヨーグルッペの歴史としては、宮崎県の南日本酪農協同株式会社が1985年にヨーグルッペを販売したのが始まりです。

その2年後の1987年、南日本酪農協同株式会社が当時のネスレ日本日高工業を買収してできた会社が現在の北海道日高乳業となり、北海道日高乳業でもヨーグルッペが製造販売されるようになりました。

 

北海道産と宮崎産の違いは?

北海道日高乳業と南日本酪農協同株式会社は、それぞれにヨーグルッペを作っています

そして、北海道産と宮崎産でパッケージも味のバリエーションも違うんです。

<味の違い>

北海道:生乳の味が強くさっぱりしている

九州:乳酸菌の味が強い

 

<材料の違い>

北海道:ビートグラニュー糖+北海道産生乳

九州:液糖+生乳

 

<パッケージの違い>

九州:南日本酪農協同株式会社

created by Rinker
デーリィ
¥2,130 (2020/10/21 02:50:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

北海道:北海道日高乳業

このような違いがあるので、飲み比べてみるのも楽しいですね!

 

北海道産と宮崎産の違いを紹介している動画です↓

 

ここではプレーン味をご紹介しましたが、実は味の種類やバリエーションも北海道産と宮崎産で違います

そこで、次はヨーグルッペの種類って全部でいくつあるのかについて詳しくご紹介していきます!

ヨーグルッペの種類は全部でいくつあるの?

ヨーグルッペ

ヨーグルッペの味の種類は、北海道日高乳業で2種類、南日本酪農協同株式会社で4種類あります。

南日本酪農協同株式会社では、さらに期間限定味、オリゴ糖やカルシウムをプラスしたヨーグルッペLight、炭酸のヨーグルッペLightソーダなど、バリエーション豊富なので、全種類制覇してみるのも楽しそうです!

北海道日高乳業のヨーグルッペ

プレーン(200ml×24本入り2180円~)

 

プレーン(1000ml×6本入り1880円~)

 

りんご(200ml×24本入り2180円~)

 

南日本酪農協同株式会社

プレーン(200ml×24本入り1550円~)

created by Rinker
デーリィ
¥2,130 (2020/10/21 02:50:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

りんご(200ml×24本入り1550円~)

created by Rinker
デーリィ
¥1,780 (2020/10/21 02:50:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

もも(200ml×24本入り2150円~)

created by Rinker
南日本酪農協同
¥2,150 (2020/10/21 02:50:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

ぶどう(200ml×24本入り2150円~)

 

期間限定味【日向夏】(200ml×24本入り2150円~)

 

ヨーグルッペボトル缶(275ml×24本入り2255円~)

 

ヨーグルッペLight(490ml×24本入り2203円~)

created by Rinker
南日本酪農協同
¥2,960 (2020/10/20 07:00:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヨーグルッペLightソーダ(500ml×24本入り2203円~)

 

ヨーグルッペと言っても、色々な味や関連商品がありますね。

色々飲み比べてみて最終的にはプレーンが好き、という口コミもあるので、まずはプレーンから試してみるか、このようなセットで試してみるのもいいですね!

 

ヨーグルッペってそもそもどんな味?

ヨーグルッペ

ヨーグルッペの味は『森永マミー』のようなやさしい甘さの乳酸菌飲料です。

実際に筆者が飲んでみた感想や口コミを参考に味をまとめました。

ヨーグルッペの味

・森永マミーに似たほんのり甘い味

・甘ったるくはなくスッキリした甘さ

・酸っぱくはないから子供でも飲みやすい

・後味がさっぱりしている

・色はミルクティーのような色

 

このように、ほんのり甘く、どこか懐かしい感じの味がします。

後味は結構さっぱりしているのでゴクゴク飲んでしまう人も多いんだとか!

ヨーグルッペは乳製品乳酸菌飲料!

ヨーグルッペには乳製品乳酸菌飲料(殺菌)と書かれています。

これは、ヤクルトやカルピスなどの乳酸系飲料と同じなので、似た味がするんですね!

 

乳製品乳酸菌飲料とは?

牛乳から水分と乳脂肪分を除いたものを3%以上含み、乳酸菌数or酵母数が1000万/ml以上 のものと定義されています。

 

まとめ

ヨーグルッペの売っている場所は、「成城石井」「ドン・キホーテ」「TRIAL(トライアル)」「ダイレックス」「ハローズ」「マックスバリュ」などの店舗で購入できます。

この他にもスーパーの特設コーナー、北海道・宮崎のアンテナショップに売られていたりするので、お近くに行かれるときは探してみるといいですよ。

味の種類はプレーンの他、りんご・もも・ぶどう・ソーダなどバリエーション豊富なので、飲み比べを楽しめるところも魅力です。

あなたもぜひ、人気のヨーグルッペの味を確かめてみてくださいね!

 

SPONSORED LINK