こんにちは。ライターのみるくです。

夏の暑さ対策としてエアコンを使う人が多いと思いますが、一日中つけていると、エアコンによる体調不良や電気代が気になりますよね

実は私はエアコンが苦手で、長い間当たっていると体調を崩してしまうこともしばしばありました。

そこでこの記事では、エアコンなしでも夏を乗り切るための、暑さ対策グッズや方法を具体的に紹介していきます!

日中の暑さ対策から、熱帯夜をエアコンなしで乗り切るおすすめグッズなどを調べてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

エアコンなしでも暑さ対策は本当にできる?

卓上扇風機

昨今の気温上昇で、エアコンなしで夏を乗り切るなんて無理なのでは?と感じる方も多いですよね。

ですが、調べたところ夏にエアコンを使わず過ごしている方も少なくないそうです!

そんな方々が実践している方法を調べて、早速試してみました。その中で、私のおすすめの方法を紹介しますね。

エアコンなしでも涼しく過ごす方法

1、まずは窓を開ける

2、床にゴザを引く

3、扇風機の前に、凍らせたペットボトルを置く

4、首に保冷剤バンドを巻く

5、すだれ、竹カーテンで夏の強い日差しをカット!

 

1、まずは窓を開ける

当たり前ですが、気温が高い日でも、部屋に風が入ってくると涼しいですよね。

エアコンをつけている時は、部屋をしめきりがちですが、エアコンなしの場合は、風通しをよくするのがポイントです!

対角線上に窓を開ければ、風の通り道ができるので、さらに部屋が涼しくなります。

暑い夏の日の風は、ムッとしているイメージが強いですが、意外にもカラっとした風が入ってくるので気持ち良いです。

また、カーテンが風でめくれて部屋の中が見えるのが嫌だという方は、大きいクリップなどを使用してカーテンを押さえれば固定できるのでやってみてください!

こちらの記事では、カーテンの風防止対策を詳しく紹介していますので、よかったら参考にしてみてくださいね!

 

2、床にゴザを引く

フローリングも、冷たくて気持ち良いのですが、座っていると汗でムレてきますよね。

湿度が高いと、体感温度も高くなるので、吸湿性に優れたゴザを床に引くことで、いつでも涼しく感じることができます。

ゴザが吸湿性に優れている理由は、ゴザの素材のい草の断面が、ハチの巣のようなたくさんの穴で湿気を吸い取ってくれるからです。

ゴザは調湿効果に優れているだけではなく、消臭効果もあるので、部屋の空気を清浄してくれるのも嬉しいですね。

毎日のお手入れも掃除機をかけるだけでOKなので、簡単ですよ。

楽天やAmazonで1000円代~買えるので、ぜひチェックしてみてください。

 

3、扇風機の前に、凍ったペットボトルを置く

扇風機の前に凍らせたペットボトルを置くだけで、冷たい風が送られてきます!

方法は、2Lのペットボトルを水受けできるお皿に乗せて、扇風機のスイッチをONにするだけです。

扇風機をそのまま回しても、生ぬるい風がくる時も多く、ついエアコンに手をのばしてしまう人も多いですよね。

以前は私もそのひとりで、部屋に扇風機があっても苦手なエアコンをつけていました。試したことがない人はぜひ試してみてくださいね。

 

4、首に保冷バンドを巻く!

created by Rinker
アイスノン
¥750 (2021/09/27 20:11:28時点 Amazon調べ-詳細)
 

一瞬で暑さを解決したい方には、保冷ベルトを首に巻くのがおすすめです!

首、わきに冷たいものをあてると、一気に体を冷やしてくれるんです。

おすすめは、「ひんやり 氷結ベルト」 です。

ゲルが2個ついているので、入れ替えて使えることができますし、長持ちするとAmazonで口コミの高い人気のグッズです。

保冷バンドがない方は、凍らせたペッドボトルや冷やしたタオルなどを、首やわきにあてるだけでも、涼しく気持ち良いですよ。

 

5、すだれ、竹カーテンで夏の強い日差しをカット!

すだれや竹カーテンは、夏の強い日差しをカットしてくれるので、部屋が涼しくなります。

部屋に日陰が多くなるので、紫外線もカットできますし、部屋の温度が上がりにくくなりますよ。

日差しの強いベランダには、特におすすめです。

また、竹やすだれは、部屋にあるだけで涼しい夏のイメージもありますし、視覚からも涼しさを感じることのできる素敵なインテリアですね。

楽天やAmazonで1000円代~お手頃に買えますよ。

 

SPONSORED LINK

 

夏の夜でも快適に寝る方法は?

寝ている人

夏の暑い夜は、下記の3つを使うと快適に朝まで寝ることができます

●冷感素材の寝具を使う:ひんやりマット、枕カバー、タオルケット

●保冷剤を使う:アイスノン

●寝冷え防止のためのパジャマを着る:ガーゼパジャマ

 

それぞれ私のおすすめ品と共に、詳しく紹介していきますね。

冷感素材の寝具

夏の夜は、汗をかきやすく、布団に熱がこもりやすくなりますよね。

朝まで快適に寝るのに、おすすめのグッズは、ひんやりマット、枕カバー、タオルケットの3つです。

冷感素材の寝具は、ひんやり感の高さだけではなく、通気性と吸水性の良いものを選ぶことで熱帯夜も快適に眠ることができますよ。

また、冷感素材のひんやり感を最大に発揮するコツは、寝る前に冷やしておくことです。

これからおすすめするグッズと共に、ひんやり涼しい夏の夜を過ごしてみてくださいね。

ひんやりマットで私のおすすめはコレ!マニフレックス 「アイス敷パッド」

ひんやりマットは種類が豊富なので色々試してきましたが、これが一番涼しく、毎年の寝苦しい夜を快適にしてくれた私のおすすめのマットです。

このマットの特徴の“厚み0.5㎝の立体的なマット構造”が、熱をこもらせず、汗もすぐに乾かしてくれるんです!

洗濯機で丸洗いOKですし、何度か洗濯しましたが、立体構造はまったくへたれませんでした。

丈夫なところも大きな魅力ですね。

私は3年ほど使用していますが、夫と二人で寝てもエアコンなしで毎年朝まで涼しく快適に眠りにつくことができています。

 

頭の火照りが気になる人に! ナイスデイ 「ひんやり 枕パッド」

接触冷感値(Q-MAX)0.5と高く、熱帯夜でも火照った頭を優しく冷やしてくれます。

枕パッドを足すだけで、とても涼しくなり、寝心地の良さはだいぶ変わります!

表地がナイロン100%なので、サラサラの肌触りもたまりませんね。

薬剤不使用・抗菌防臭仕様なので、新陳代謝の良い人やお子さんまで安心して使えます。

枕カバーもありますが、枕パッドの方がサッと外せて洗濯するのが楽なのでおすすめですよ。

 

タオルケットもひんやりしたい方にはコレ!Quntis 「Cool 接触冷感 ブランケット」

冷感素材と綿100%のリバーシブルタイプなので、気温に合わせて使い分けができちゃいます。

表地は、接触冷感値(Q-MAX)0.4と冷たく気持ちい良いです。

裏地は、天然素材の綿100%なので、肌にとても優しく、汗もしっかり吸収してくれます

ひんやりタイプのタオルケットだと、シングルだけの商品が多いですが、こちらはシングルとダブルの2種類から選べるのもポイントですね。

 

保冷剤を使う

暑くてなかなか眠りにつくまでに時間がかかることにお悩みの方には、保冷剤がおすすめです。

火照った頭や、汗ばむ足に使えば、一気にひんやり快適にしてくれますよ。

 

保冷枕で私のおすすめはコレ!白元 「アイスノンソフト」

created by Rinker
アイスノン
¥993 (2021/09/26 22:58:46時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonアイスパック部門でベストセラー1位にもなっているのが、アイスノンソフトです。

冷凍庫で冷やして使用します。

冷たさは10時間も続き、熱帯夜でも朝までぐっすり眠れます。

私も持っていますが、朝起きた時に触ってみても冷たいままで驚きました!

頭にもやわらかくフィットしてくれるので、寝心地も抜群です。

タオルを一枚まいたり、枕パッドの下に敷くと、汗も吸ってくれるのでおすすめですよ。

 

寝冷え防止のパジャマを着る

人は寝ている間にコップ約1杯分の汗をかくと言われています。

そこで、おすすめなのが、ガーゼパジャマです!

ガーゼの特徴である目の粗さが、通気性や速乾性にとても優れているので、通常の綿100%のパジャマより夏に最適な涼しいパジャマなんです。

他の素材で、ひんやり素材のレーヨンやポリエステルもありますが、吸水性が劣ります。

なので、肌に直接触れる面積の多いパジャマは、綿素材のガーゼがおすすめですよ。

寝冷え防止のパジャマはコレ!Nishiki  「ダブルガーゼパジャマ」

Nishikiのダブルガーゼパジャマは、肌触りの良さが魅力の商品です。

ガーゼの特徴の目の粗さは、通気性や速乾性に優れており、寝苦しい夜に汗をたくさんかいても寝冷えすることはありません。

また、肌に与える刺激も低いため、肌に優しく、敏感肌の人にもぴったりのグッズですね。

Nishikiのダブルガーゼパジャマは、日本製なので、縫製がしっかりしているところもポイントですね。

 

他にも有効なグッズは?

ミント

昼夜関係なく使えて、一瞬で涼しくなれるグッズが欲しい…そんなあなたにぴったりなのが、冷感スプレーや冷感シートです。

手軽に持ち歩くことができるので、外出時にも助かりますね。それぞれの特徴はこのようになっています。

・冷感スプレー:服にサッとスプレーするだけで、ひんやり感を味わうことができます。通勤前や、寝る前にシュッとすると、ひんやり気持ちよいです。

・冷感シート:汗をかいた後に、サッと拭くだけで汗も拭えて、清涼感も味わうことができますよ。持ち運びも便利なので、外出先でも使えるのが便利ですね。

 

どちらもメントール成分が入ったものを選ぶと、スーッとして、涼しさをより感じられるのでおすすめです!

ちなみに、以前私はハッカ油を水で薄めてスプレーでよく吹きかけていましたが、逆に寒くなりすぎたり(笑)、効果が30分程度と、自身が涼しくなるにはハッカ油はあまりおすすめはできないです。。

では、それぞれのおすすめグッズを紹介していきますね。

体全体に清涼感を感じたい方にはコレ!白元 「シャツミスト」

created by Rinker
アイスノン
¥700 (2021/09/27 21:52:23時点 Amazon調べ-詳細)

シャツミストなら、洋服にシュッと一吹きするだけで、手軽に清涼感を味わうことができます。

メントール成分でスーッと冷たさを感じられるだけでなく、消臭・除菌効果もあり、夏の汗の臭いも防げるので嬉しいと口コミで人気なんです。

日中の暑い時だけではなく、寝る前のにパジャマに吹きかければ、涼しく快適に眠ることができますよ。

香りも、ミント、エクストラミント、せっけんの3種類から選べます。

 

汗もスッキリしたい方にはコレ!GATSBY  「アイスデオドラントボディペーパー」

少し汗をかいた時に使えるおすすめなグッズが、アイスデオドラントボディペーパーです。

汗をサッと拭きとることができ、シートに入ったメントール成分で、拭き取りした後の清涼感がたまらなく涼しいんです。

サッと拭いた後に、窓からの風や扇風機に当たると、よりひんやり感が増しました!

ですが、使いすぎると逆に寒くなってしまうこともあるので要注意です(笑)

 

まとめ

エアコンなしでも夏を乗り切る暑さ対策をご紹介しました。

エアコンなしでも涼しく過ごす方法は、窓を対角に開ける、扇風機の前に凍らせたペットボトルを置く、保冷剤を首やわきにあてるなど、手軽に始められるものが多くありましたね。

私は、エアコンの風に当たるのが苦手なので、風のある日は窓を開けて過ごしていることが多いです。

部屋の換気もできて、涼しい風も入ってくるのでおすすめですよ。

夏の暑い夜でも快適に寝る方法で紹介した、冷感素材の寝具を試してみたことがない方は、ベットマットと枕カバーから試すのがおすすめです。

私はこの2つをまず変えてみて、眠りにつくのが一気に早くなりました。

他にも紹介した、外出時でも使えるひんやり有効グッズなども上手く合わせて使い、エアコンによる体のダルさに悩むことなく、夏を乗り切る参考にしてくださいね。

 

SPONSORED LINK