食べ物

片栗粉のとろみがつかないで失敗する理由。絶対に失敗しないやり方と長持ちさせる方法!

投稿日:

こんにちは!ライターのRisaです。

料理を作る時に、よく片栗粉を使ってとろみをつけますよね!

特に中華料理など、とろみが必ず必要な料理があります!

でもこのとろみを上手くつけるのって結構難しくないですか?

とろみがつかなくて水っぽくなってしまったり、逆につけすぎて固くなってしまったり、意外とコツが必要です。

というのも、片栗粉のとろみで失敗してしまう理由がしっかりと分かっていないと、いつまでも同じ失敗を繰り返してしまいます。

そこで、この記事では片栗粉のとろみで失敗しないやり方について紹介していきます。

 

SPONSORED LINK

 

片栗粉のとろみがつかないで失敗する理由は?

片栗粉

片栗粉でとろみをつける際に失敗してしまうパターンは大きく分けて2つあります。

1つは「水っぽくなってしまう」、そしてもう一つは「ゼリー状になってしまう」です。

とろみが少ないとシャバシャバの状態になり、逆にとろみがつきすぎて全体的に固くなりすぎてしまったり、一部分だけゼリーのようになってしまった経験、一度はあるのではないでしょうか?

どうしてこのような状態になってしまうのか、まずはその理由についてご紹介します。

水っぽくなる理由

とろみがしっかりつかずに料理が水っぽくなってしまうのは、片栗粉に対して水が多いこと、加熱が足りないことが原因です。

片栗粉を水で溶く際は、1:2の割合(分量については後ほど)を超えないようにします。

水が多すぎると当然水っぽくなってしまいます。

そして料理に水溶き片栗粉を入れてからしっかりと加熱し、とろみに変わってから火を止めなければいけません。

この加熱が弱すぎるととろみがつかずに水っぽくなってしまうので、注意が必要です。

また、食材から出る水分で水っぽくなる場合もあるので、水分の多い食材はしっかりと水分を飛ばしてからとろみをつけることで対処します。

ゼリー状のようにベチョベチョになる理由

とろみがゼリー状になってしまうのは、片栗粉がダマになることが原因です。

片栗粉を水で溶く際にしっかりとかき混ぜ、料理に入れる際にも全体に均一に回し入れることで対処します。

全体に行き渡る前に固まってしまうことを防ぐために、火をいったん止めてからかき混ぜることも効果的です。

加熱すると固まってしまうのですぐにかき混ぜること、全体にまんべんなくかけることでダマを防ぎます。

また、具に邪魔されてしまってダマになる場合もあるので、具をいったん取り出すか中央によせて周りから回し入れるのもおすすめですよ。

 

SPONSORED LINK

 

片栗粉の失敗しないとろみの付け方

失敗せずに片栗粉でとろみをつけるためのポイントを4つご紹介します。

片栗粉と水の割合を1:2にする

基本の割合は1:1ですが、慣れない場合は片栗粉1:水2の割合で作る方が失敗しにくくなります

また、水と片栗粉はしっかりと混ぜておかなければなりません。

一度かき混ぜても片栗粉が下に沈んでしまうので、入れる直前に混ぜて片栗粉に水を含ませるのがポイントです。

 

60度で1分加熱する

水溶き片栗粉を沸騰した料理に入れると、一気にとろみがついてしまいダマになりやすいです。

片栗粉がとろみになる温度の目安は60度で、沸騰する寸前の状態か、沸騰してから火を止めた状態で回し入れます

表面がフツフツとしている状態で入れ、1分ほど全体をかき混ぜると均一にとろみをつけることができます。

 

少しずつ混ぜながら加える

とろみを全体に均一につけるために、お玉などで料理をかき混ぜながら少しずつ水溶き片栗粉を入れていきます

一気に入れると混ぜるスピードが追い付かずにダマになるので、焦らず少しずつ入れなければいけません。

しっかり混ぜながら全体にとろみがつけばOKです。

 

具にかけない

水溶き片栗粉を入れる際には、鍋のふちから入れて具に直接かからないようにします

具に水溶き片栗粉がついてダマになり、具の表面で固まってしまうのを防ぐことができますよ。

また、具をいったん取り出したり、具を中央に集めて回し入れるとより失敗なくとろみをつけることができます。

 

片栗粉のとろみをもっと長持ちさせる方法は?

あんかけ

水溶き片栗粉を入れてからしっかりと加熱をすることで、よりとろみを長持ちさせることができます。

加熱時間が短いと片栗粉と水がほどけてしまい、とろみがなくなって水っぽくなってしまうんです。

目安は片栗粉を入れてから1分で、全体をしっかり混ぜてとろみがついているか確認します。

料理の温度が下がりすぎている場合はしっかり固まらないので、60度以下になっていれば火をつけなければいけません。

また、水分の多い食材はしっかりと水分を飛ばしてからとろみをつけておくことで、食材から出る水分でとろみがなくなってしまうことを防ぎます。

片栗粉のとろみを復活させる方法は?

とろみがなくなってしまったので復活させたい!と思いますが、残念ながらとろみを復活させることはできません

一度料理に混ぜてしまった片栗粉は再度加熱しても壊れていくばかりなので、追加で水溶き片栗粉を作って再びとろみをつける必要があります。。

面倒ですがもう一度鍋に戻し、とろみをつけ直します。

この時も、料理は沸騰直前の60度まで加熱し、水溶き片栗粉は少しずつ加えながら1分以上かき混ぜるのがポイントですよ。

そもそも片栗粉のとろみ原理は?

片栗粉でとろみがつくのは、片栗粉に含まれているでんぷんによるものです。

でんぷんは水を含んで加熱されることによって膨らみ、粘度が増して糊のような状態になります。

これをでんぷんの糊化と言い、糊化は60度前後で起こります。

片栗粉を水で溶くことででんぷんに水分を含ませ、60度の料理に入れて加熱することで糊化し、とろみがついていくという原理です。

まとめ

片栗粉でとろみをつける時に失敗しないようにするためには、とろみがつく原理をしっかり理解しておかなければなりません。

しっかりとろみをつけるには、片栗粉に十分に水分を含ませ、60度で1分加熱することが必要です。

また、ダマにならないようにするには、具に邪魔されないようにしっかりと混ぜながら少しずつ水溶き片栗粉を加えていきます。

とろみは一度なくなると復活させることができません。

より長持ちさせるためにも、とろみをつける際には水溶き片栗粉を入れてから1分ほどしっかりと加熱し、できるだけ食材から水分が出ないようにすると失敗しにくいですよ。

とろみをつけるのは失敗が多く難しいですが、ポイントを押さえておけば大丈夫です!

「片栗粉と水は1:2」「60度で1分加熱」「混ぜながら少しずつ」で、美味しいとろみ料理を作りましょうね♪

 

SPONSORED LINK

-食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

白いわさび

白いわさびの名前や特徴は?今でも蝦夷山わさびを購入できるところは?

こんにちは!ライターのRisaです。 わさびというと緑色がお馴染みですが、北海道には白いわさびがあって有名なのをご存じですか? 北海道に行ったことのある方や、北海道物産展などでも一度は見かけたことがあ …

芋煮

汁物を車で運ぶこぼれないおすすめの方法は?スープを遠く離れた場所まで持っていく場合は?

こんにちは!ライターのRisaです。 差し入れや配達などで、スープや煮物やカレーなどの汁物の料理を運ぶことってありますよね。 でも遠くの場所へ車で持っていかなければならない場合、特に汁物は車内にこぼれ …

お花見をしているカップル

彼氏とお花見デートに持っていくお弁当のおかずは何がいい?定番から、冷めても美味しく食べられるもの

こんにちは!ライターの千尋です。 春の楽しみといえばお花見ですよね! 恋人と上野公園などにお弁当を持ってお花見デートに行く計画をしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ピクニックのような楽しみ …

フライパンがくっつかない方法!焦げ付きや、こびりつきを抑える対策は?

こんにちは、ライターのハルです! フライパンの焦げ付きって、料理中のストレスの中でもかなり大きいものですよね。 最近、私はフライパンで魚料理を作るのにはまっているのですが、コーティングがしてあるフライ …

なめこ

なめこは洗わないで生でも大丈夫?下処理しないと危険な理由は?

こんにちは!ライターのRisaです。 なめこって独特のぬめりがあり、つるんとした食感で美味しいですよね! 1年中スーパーで手に入り、味噌汁に入れる、和え物にする、おそばのトッピングにするなど使い方も様 …