こんにちは!ライターのAliceです!

バレンタインに女性からチョコレートをもらえると、嬉しいものですよね。

でも、同時に「ホワイトデーのお返しはどうしよう・・・」と悩ましい問題になります。

実は、ホワイトデーにお返しするお菓子は、贈るものによって意味があるようです。

この意味を知らずにホワイトデーのお返しを選ぶと、女性に誤った気持ちを伝えることになるかもしれません!

相手に一度勘違いさせてしまうと、それを修正するのはなかなか大変なので、できればそういった事態は避けたいですよね。

そこで、この記事ではこれからホワイトデーのお返しを選ぼうとしているあなたへ、ホワイトデーでお返しにあげるお菓子にどんな意味があるのか、しっかりと意思表示したい場合は何がおすすめなのか、についてご紹介したいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

ホワイトデーのお返しにあげるお菓子には本当に意味があるの?

プレゼント

ホワイトデーのお返しには、お菓子によって様々な意味が込められています

詳しくは次の見出しでご紹介しますが、まずはホワイトデーが始まった由来からご紹介します。

ホワイトデーという名前は日本発祥の文化

実は、ホワイトデーは、日本発祥の文化なんです!

バレンタインデーは、ローマ時代に「男女の愛の日」として始まり、1970年代に日本に定着したとも考えられているのですが、そもそもお返しをする、というものではありません。

では、なぜ日本で始まったのかというと、日本人は、「貰ったものにお返しをする」という文化がありますよね。

そのお返しをする文化から生まれたのが、ホワイトデーということなんです。

ちなみに、「ホワイト」は「純潔」「純粋な愛」というイメージがあることから、「ホワイトデー」と呼ばれるようになったそうですよ。

愛を伝えるバレンタインデーのお返しに純粋な愛をお返しするなんて、なんともロマンチックですね。

 

ホワイトデーの由来は3説

ホワイトデーの由来については下記3説があります。

1.石村萬盛堂の「マシュマロデー」

1978年、福岡の老舗和菓子店「石村萬盛堂」が、ホワイトデーにチョコを包んだマシュマロをお返ししようと、キャンペーンを実施したことがきっかけという説です。

 

2.不二家の「リターン・バレンタイン」

1968年ごろから、お菓子メーカーの不二家が「リターン・バレンタイン」という名前で、バレンタインのお返しにお菓子を渡そうというキャンペーンを行い始め、1973年に不二家がマシュマロメーカーのエイワと協力して、3月14日にキャンペーンを行ったのがきっかけという説です。

 

3.全飴協の「キャンディーを送る日」

全国飴菓子協同組合が、1978年の組合総会で「ホワイトデーは、キャンディーを送る日」と決定し、2年間の準備期間を経て、1980年に「第1回愛に答えるホワイトデー」というキャンペーンを行ったのがきっかけという説です。

 

このように、ホワイトデーの由来は3説あり、どれが正しいのかは現在もはっきりはしていません。

海外にもホワイトデーはあるの?

日本同様、ホワイトデーがあるのは、お返しをする文化のある、韓国や台湾、中国の一部など、東アジアの一部のみと言われています。

欧米では、そもそもバレンタインデーに女性が男性にチョコを渡すという文化ではなく、恋人たちの愛を祝う日とされています。

そのため、特にお返しをするホワイトデーはありません。

その代わり、バレンタインデーから1ヶ月後に再び愛を祝う日として、恋人同士でクッキーやマシュマロ、花などを贈りあう風習があり、「クッキーデー」「マシュマロデー」「フラワーデー」などと呼ばれるようです。

 

SPONSORED LINK

 

ホワイトデーのお返しで意味が込められているお菓子のすべて!

マカロン

冒頭で触れた通り、ホワイトデーのお返しのお菓子には、意味があると言われています。

うっかり渡してしまうと、知らないうちに女性を勘違いさせてしまうかもしれないので、意味を知って選びたいですね。

意味が込められているとされているお菓子はこちらです。

マシュマロ→嫌い

クッキー→友達

チョコレート→友達

キャンディー→好き

マカロン→好き

 

①好きでない相手にはマシュマロ

マシュマロは、口の中ですぐ溶けてなくなってしまうことから、「あまり好きでない」「あなたとの関係をすぐ解消したい」といった意味があるそうです。

ただ、ホワイトデーのマシュマロには、中にチョコレートが入っているものもありますよね。

実はそのチョコレートが「あなたからもらったチョコレート(気持ち)をそのままお返しします」という意味になると言われていて、チョコ入りのマシュマロには「あなたからの好意を純白の愛で包んでお返しします」という逆の意味があるとも言われています。

このため、誤解されたくない相手には、マシュマロは選ばないようにするか、メッセージカードをつけるなどして、気持ちをはっきりと伝えた方が無難です。

マシュマロをお返しに選ぶ際のおすすめのブランドは、ホワイトデーの発祥の一つとされている、「石村萬盛堂」です。

中にチョコレートの入ったマシュマロチョコショコラは、シンプルでおすすめです。

created by Rinker
石村萬盛堂
¥324 (2020/03/28 02:57:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

②友達でいたい相手ならクッキー

クッキーにはたくさんの種類がありますよね?

そのことから、「あなたは、何人かの友達の中の1人でいい」という意味が込められているそうです。

友達に渡すホワイトデーのプレゼントなら、無難かもしれないですね。

おすすめのクッキーのブランドは、ステラおばさんのクッキーです。

素朴で優しい味が魅力で、様々な種類があるので、どの世代の人にも好評です。

created by Rinker
アントステラ
¥1,080 (2020/03/28 02:57:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

③あまり好きでない相手、友達に贈るならチョコレート

チョコレートは、バレンタインで貰ったチョコレートをまた返すということから、「あなたのチョコレート(気持ち)をお返しします」という意味がありますが、実は「特に意味はない」と言われています。

そのため、あまり好きではない相手や友達に贈るのがおすすめです。

チョコレートのおすすめのブランドは、ロイズです。

高級感のある大人なチョコレートをプレゼントすることができます。

created by Rinker
ROYCE'(ロイズ)
¥777 (2020/03/28 02:57:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

④本命の相手にはキャンディー

キャンディーはずっと舐めて長い間楽しむことができるので、「あなたのことが好き」「あなたと長い時間一緒にいたい」という意味があります。

また、硬くて割れないことから、相手への「気持ちの強さ」を表していると言われています。

本命の女性や恋人に渡すお返しにはぴったりです。

おすすめのキャンディーのブランドは、岩井製菓です。

私の気持ちというキャンディーは、メッセージを入れることができますよ。

created by Rinker
株式会社岩井製菓
¥648 (2020/03/28 02:57:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

⑤大切な相手にはマカロン

マカロンは普段は食べることのない、高級なお菓子ですよね。

そのことから、「あなたは特別な人」「大切な人」という意味が込められています。

恋人や大切な人に渡すお返しにはおすすめですね。

マカロンのおすすめのブランドは、GLAMOURDISE(グラモウディーズ)です。

高級感のあるマカロンが12種類入っていて、味の違いを楽しむことができます。

created by Rinker
GLAMOURDISE(グラモウディーズ)
¥4,536 (2020/03/28 02:57:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

ホワイトデーのお返しで注意するべき贈り物は?

プレゼント

ホワイトデーのお返しは、お菓子だけじゃありませんよね。

お菓子以外のプレゼントをするときにも、物によっては意味が込められていて、注意すべき贈り物があります。

ここからは、ホワイトデーのお返しに適さない注意すべき贈り物を3つご紹介します。

ハンカチ→別れ

靴下→心を許す

リップ→キスしたい

 

①ハンカチは「別れ」を望んでいることを表す

ハンカチには「別れ」「決別」といった意味があります。

これは、ハンカチを意味する漢字にあります。

ハンカチの漢字は「手巾(てぎれ)」と書きます。

このことから、手が切れる=別れるということから、別れを連想すると言われています。

なので、ハンカチをプレゼントするということは、「あなたと離れたい」という意味に受け取られてしまいます。

 

②靴下は「心を許している」ことを表す

靴下は、「普段身に着けているもの」ですよね。

普段身に着けるような生活用品を渡すことで、「あなたに気を許しています。気を許す関係になりたい。」という意味を伝えることができます。

ただ、これは恋人同士の時の意味なんです。

恋人同士でない場合、靴下には、相手を「見下す」「踏みつける」といった意味になってしまうそうです。

相手を傷つけないためにも、できるだけ避けた方がいいですね。

 

③リップは「キスしたい」

こちらも普段身につける化粧品で、あなたに気を許しているということを伝えることができるのですが、リップは唇につけるものです。

唇と言われて想像するのは「キス」があり、そういったある程度の関係性を望むといった意味が込められているとされています。

恋人同士なら構いませんが、そうでない場合は選ばない方が良さそうです。

 

まとめ

今回は、ホワイトデーのお返しにあげるお菓子には本当に意味があるの?ということから、ホワイトデーの由来、注意すべきプレゼントについてご紹介しました。

お菓子にはそれぞれ意味があるので、本命の女性にしっかりと気持ちを伝えるなら、マカロンやキャンディー、友達でいたい女性には、クッキーやチョコレート、気持ちには答えられないという場合にはマシュマロ、というように選び分けてみてくださいね。

また、お菓子以外のプレゼントを渡す場合も、ものによって意味があるので、相手への気持ちや距離感に合わせて適したものを選びたいですね。

あなたも、ぜひお返しの意味を知って、しっかりと気持ちを伝えてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK