こんにちは、ライターのkikoです。

夏休みが始まるとやりたい事や行きたい場所がたくさんあるうえに、部活や宿題もあってなかなか自由研究には時間がとれない中学生も多いのではないでしょうか。

そんなあなたに、なるべく時間はかけず、だけど周りと差がつく面白い自由研究を、おおよその日数にわけて紹介します!

ぜひ参考にしてください。

 

SPONSORED LINK

 

簡単でもすごい中学生の自由研究のおすすめ!

 
簡単にできるのに中学生らしいすごい自由研究を、下記の日数別に2つずつご紹介しています。

興味のあるもの、自由研究にかけられる日数などを考慮して選んでみてくださいね。

・1~3日でできる自由研究

・3~5日でできる自由研究

・5日以上でできる自由研究

 

1~3日でできる自由研究

No.1 感染症の歴史とワクチンについて調べよう

ウイルス

<使用するもの>

・関連する本やインターネットの情報

・まとめに使う模造紙やノート

 

<流れ>

現在COVID-19が世界中で猛威を振るっていますが、人類の歴史は常に感染症と共にあります。

これまで世界中で流行した感染症について調べてまとめてみましょう。

参考までに以下のような流れでまとめると分かりやすいのではないでしょうか。

1.感染症とは?

2.細菌とウイルスの違いは?

3.なぜ動物から人間へ感染し、大流行してしまうの?

4.これまで大流行した感染症(ハンセン病、天然痘、結核、スペイン風邪など)

5.ワクチン開発と予防効果について

6.今後の感染症とワクチンの未来について

 

[参考:人類VS感染症果て無き戦い]

 

<ポイント>

・感染症の原因となる細菌やウイルスが体の中に入ってくる流れや感染経路、ワクチンによる予防の仕組みを図を使って分かりやすく説明してみましょう。

・感染症は社会不安を仰ぎ、様々な差別を生んでしまうきっかけにもなります。
感染症とワクチンについて、医学的な側面だけでなく社会的・倫理的説明や自分の感想を加えてまとめてみるのも面白いのではないでしょうか。

 

No.2 地震の液状化現象を再現してみよう

<使用するもの>

・透明な容器 (大き目のタッパーか30cm×60㎝程度の水槽)

・園芸用の土

・砂

・軸の丸い鉛筆5~6本

・350ml缶の未開封の飲料1~3本

 

<流れ>

透明容器の中にミニチュア地面を作り、地震により引き起こされる地面の変化を観察します。

缶は建物に見立てています。

①容器に砂を敷き詰め、砂の高さを超えないように水を入れます。

②平らなところに鉛筆を寝かせて等間隔に並べ、その上に容器をセットします。

③未開封の缶を容器の中央に立てて、容器を小刻みにゆっくりと揺らし地震を再現します。

④容器の中でどのような変化が起こるか観察します。

⑤容器を揺らす時間や強さを変えて観察します。

⑥砂と園芸用の土を入れ替えて①~⑤の流れで観察します。

 

イメージ画像

図のように透明な容器を用意して砂を敷き詰めたら、砂の上に缶を建物にみたてて設置します。

 

<ポイント>

・観察する時は容器を側面から覗き、地面の変化を観察しましょう。

・レポートをまとめる際は液状化現象が起こるまでの時間や液状化現象が起こる前後の地面の変化、を敷き詰める地盤の種類別にまとめてみましょう。

・地盤には様々な種類があり、液状化現象が起こりやすい地盤とそうでない地盤があります。

液状化現象が起こる仕組みをまとめ、起こりやすい地盤とそうでない地盤の理由についてもまとめて理解を深めてみましょう。

 

3日~5日でできる自由研究

No.3 簡単!エコな廃油石鹸を作ってみよう

廃油石鹸

<使用するもの>

※廃油石鹸の作り方は苛性ソーダを使用したものが多く紹介されています。しかし苛性ソーダは劇薬指定で取り扱いが難しいため今回は苛性ソーダを使わず、石鹸素地・材料キットの「まぜたら石鹸」を使用した作り方をご紹介します。

・「まぜたら石鹸」1袋

・植物性廃用油 500g 
※古い油の方が固まりやすいです。
揚げ物のカスなどはキレイに取り除きましょう。

・できた石鹸を入れる容器(クリーム状の石鹸がだいたい使用した廃油と同じ量できあがります。)

created by Rinker
ねば塾
¥440 (2020/10/21 07:02:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

[安全に作業するために準備するもの]

・マスク

・ゴム手袋

・めがね(あれば)

※まぜたら石鹸は劇薬指定ではないですが、アルカリ性製品のため、肌に直接触れたり、目に入ったりすると強い刺激がある場合があります。できるだけ粉末に直接触れないようにします。

 

<流れ>

①まぜたら石鹸の外袋を開封し、中身を取り出します。

②空になった外袋に、廃油500gを注ぎます。

③キットに入っていた液体(脂肪酸カリウム)を廃油に加えて、乳化し白っぽくなるまで混ぜます。

④ ③に粉末のキットに入っていた粉末の薬品(オルトケイ酸ナトリウム)を加えます。

⑤外袋の口をしっかり閉じて、クリーム状になるまで④を振り混ぜます。
※振り混ぜなくても、薬品を少しずつ加えて箸のような棒でかき混ぜても構いません。

⑥開封してみて、油が浮いてこなければ混ぜるのは完了です。

袋の口を閉じたまま約10時間置いておきます。

⑦クリーム状になったら容器に移して完成です。

石鹸が少し緩い場合はもう少し時間をおいてみましょう。

[参考:廃用を再利用♪「まぜたら石鹸」やってみた]

 

<ポイント>

・お好みのアロマオイルなどを垂らして香りづけしてみるのもおすすめです。

・廃用石鹸はエコな上に、衣類の汚れもよく落ちると言われています。

その他食器洗剤として、浴室洗剤としてなども使用できます。是非色々な所の汚れを落としてみましょう。

・廃油を川に流したり、燃やしたりした場合環境へどのような影響があるでしょうか。
まとめる際は廃油の正しい処分の仕方や、再利用方法をまとめてみましょう。

 

No.4 野菜の維管束について調べてみよう

野菜

<使用するもの>

・お好みの野菜(大根、アスパラガス、ブロッコリーなど)

・赤い色水(水の中に水性の赤ペンを入れておくとできあがります)

・スケッチブックや模造紙

 

<流れ>

①用意した野菜を輪切りにし、1時間程色水に浸しておきます。

②野菜を取り出し、切り口より少し上の部分を切り、どこが染まっているか観察します。

 

それぞれの野菜でどのように染色されたか、写真にとったりスケッチブックにデッサンしたりして記録しましょう。

双子葉植物と単子葉植物で維管束の並び方が異なるので、染色のされかたによって分類してまとめてみてもいいかもしれません。

[参考:茎のつくり]

 

<ポイント>

・赤く染まった部分が水分通り道になる道管です。

・双子葉植物と単子葉植物で葉っぱや根っこの形状も異なることも合わせてまとめてみましょう。

 

SPONSORED LINK

 

5日以上でできる自由研究

No.5 お年寄りの話を聞いて“豊かさ”について考えてみよう

おじいさんのイラスト

<使用するもの>

・ヒアリングに使用するシートやノート

・カメラ・ビデオカメラ

・ICレコーダー

・歴史の教科書や本

 

<流れ>

90歳以上のお年寄りに昔の暮らしについてヒアリングしてみましょう。

ヒアリングした内容をまとめ“豊かさ”について自分なりに考え今後の暮らしのヒントにします。

①ヒアリングをするお年寄りとアポイントを取りましょう。

近くに90歳以上の高齢の方がいない場合は、町内会、福祉協議会、高齢者施設などにお願いしてみてください。

②初めにカメラや録音の許可を取り、必要に応じて使用します。

ヒアリングの内容はあらかじめ大まかに決めておくとスムーズに聞き取りができますよ。

また、その地域の昔の写真や、昔の出来事をまとめた本などを用意しておき当時の様子を聞いてみるのもおすすめです。

③ヒアリングの内容をまとめます。

暮らし・遊び・仕事・食事などトピックに分けてまとめると分かりやすくなります。

 

<ポイント>

・ヒアリング時は、お年寄りの負担にならないように1~2時間内で話します。

・まとめる時は、自分の予想や想像が実際に話を聞いてどのように違ったかという視点も入れてみましょう。

・皆さんが生きている現代と昔の様子は大きく違うことが分かると思います。

その中でも変わらないものは何か、本当の豊かさとは何なのか、社会がどのように変わっていけばよりよい未来を築いていけるのか、自分なりに考えてみましょう。

 

No.6 自分だけの世界遺産ガイド本を作ろう

岩

<使用するもの>

・本やインターネットの情報

・まとめに使うノートや模造紙

 

<流れ>

①世界中にある世界遺産の中から詳しく調べてみたいものを5つ~8つほど選びます。

②どのような遺産なのか、なぜ世界遺産に認定されたのか、まとめてみましょう。

③成果物を見た人が、まるでその世界遺産をめぐっているような気持ちになる事を意識して、交通手段や見どころ、周辺情報も合わせてまとめてみましょう。

 

<ポイント>

・実際のガイド本などを参考にして、なぜ自分がその世界遺産を選んだのか、その魅力は何なのか、おすすめする理由も付け足してみたら面白いものができます。

・日本にもいくつか世界遺産がありますね。

世界遺産ガイドの日本版を作ってみても面白いかもしれません。

 

まとめ

いきなり自由研究のテーマを考えようとしも、なかなか浮かばないものです。

そんな時は普段の生活の中でふと疑問に思ったことや気になったことからテーマを考えてみるのがおすすめです!

身の回りには意外と小さな疑問がたくさんあるのではないでしょうか。

是非この記事を参考に、楽しい学びの時間にしてくださいね!

 

SPONSORED LINK