こんにちは、ライターのあこです!

通りすがったときに香水のいい香りがすると、それだけでもテンションが上がってしまいますよね。

ただ香水ってつけすぎると周りの人の迷惑になってしまうし、つける量が少なすぎても香らないし…香水をつける量って意外と難しいのが事実です。

また、つける場所もどこがいいのか、なんとなくしか知らない、という方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回の記事では、香水をつける量はどれくらいが適量で、体のどの場所につけるのがいいのか、についてご紹介していきたいと思います!

 

SPONSORED LINK

 

香水をつける適量はどれくらい?

香水

香水の適量は香水の種類によって違ってくるので、香りが弱い順に、種類別の適量と特徴をご紹介します!

香水のパッケージをよく見てみると、「オードトワレ」「オードパルファン」などと種類が書かれていることがほとんどなので、お手持ちのものと照らし合わせて確認してみてくださいね。

オーデコロン

【香料濃度】2-5%

【持続時間】1時間

【適量】2-3回プッシュします。

【特   徴】香水の中では1番香りが弱いので、強い香りが苦手な人でもつけやすいのが特徴です。

1時間ほどしか香りが持続しないので、こまめなつけ直しが必要です。

 

オードトワレ

【香料濃度】5-10%

【持続時間】3時間

【適   量】2-3回プッシュします。

【特   徴】一般的に「香水」として販売されているものの多くが「オードトワレ」です。

種類が非常に多く、男女問わずつけることができる香りで、スプレータイプが多いです。

柔らかい香りが特徴で、カジュアルなシーンからフォーマルなシーンまで幅広くつけることができます。

またオードパルファンの下に重ねづけすると、より香りがゴージャスなります。

 

オードパルファン

【香料濃度】10-15%

【持続時間】5時間

【適   量】1-2回プッシュします。

【特   徴】パルファンよりは香りの強さは弱めなのですが、それでも他の種類よりはしっかり香ってくれます。

スプレータイプが多いです。人によっては濃く感じでしまうので、つける量に注意してくださいね。

 

パルファン

【香料濃度】15-30%

【持続時間】7時間

【適   量】1回プッシュします。

【特   徴】香りの濃度が高く、長時間残るのが最大の特徴です。

濃度が高い分、価格も高めで、種類もそこまで多くありません。

香りがしっかりしているので華やかなパーティーなどには向きますが、会社や改まった場所には不向きです。

 

このように一口に「香水」といっても、沢山種類があります。

また種類によって持続時間や適量が違うので、自分が持っている香水が一体どの種類に当てはまるのかまずは確認してみるといいですね。

 

SPONSORED LINK

 

自分の持っている香水の種類が分からない場合の適量は?

香水

香水の種類によって適量が違うと紹介しましたが、「自分が持っている香水がどの種類に当てはまるのかわからない!」という人もいると思います。

そんな時には「1プッシュ」が適量と覚えておいてください。

普段から使っている香水だと香りに慣れてしまって、自分ではあまり香っていないように感じることもあります。

でも実際にはしっかり香っている、ということもあるので、1プッシュで3-4時間ごとにつけ直しをした方がつけすぎることがなく安心です。

香水をプッシュする場所はどこがいいの?

香水をつける女性

香水はつける場所によっても香り方が変わってきます。

さらには、女性と男性では、おすすめの場所が異なるので、男女別に、どこにプッシュすればいいのかをご紹介していきたいと思います!

女性におすすめの場所

うなじ

血管が通っているため、香水がしっかり香ってくれる場所です。

また日差しが直接当たりにくく、すぐに香りが飛んでしまうということもありません。

うなじにつける時には、直接ではなく、手に一度香水をつけてそれをチョンチョンとつけるイメージでつけると、適度に香ります。

 

ひじやひじの内側

うなじ同様、血管が通っているため香りをしっかり出してくれる場所です。

同じく血管の通っている手首に比べると香りが飛びにくいので、香りを適度に楽しみたい人にピッタリです。

ひじでしたら、香りが食事の邪魔をすることも少ないので、多少個性的な香りでもつけやすいです。

 

手首

頻繁に動かす場所なので、香水が香りやすい場所です。

また冬場で厚着をしている時でもしっかり香ってくれます。

手首につけてからこすって伸ばす人もいますが、こすることによって香りが飛んでしまうので片手ずつつけるようにするといいですよ。

 

上半身につけるとどうしてもしっかりと香りが出るので、ふんわりと香らせたいときは、腰回りにつけるのがおすすめです。

最初は全く香らないかもしれませんが、時間が経つにつれてふんわり香ってくれますよ。

ただし、洋服につけてしまうとシミになる可能性がありますので、直接肌につけるようにしてくださいね。

 

男性におすすめの場所

男性は女性よりも体温が高めの人が多いので、上半身につけると香りがかなり強く出てしまう可能性があります。

そのため上半身につけるよりもお腹より下の方につけるとほのかにいい香りをさせることができます。

お腹

お腹まわりにこすらないようにしてつけるとさりげなくいい香りがします!

肌に直接つけるのが基本です。つけすぎてしまっても洋服で多少軽減されるのもいいですね。

 

ひざの裏側

香るまでに上半身よりも時間がかかること・鼻からかなり離れている場所であること・洋服の下につけるということも踏まえて、多少強い個性的な香りをつけても大丈夫な場所です。

自分の好きな香りをつけたい時にはまずはひざの裏から試してみるといいかもしれませんね。

 

足首

香りは、下から上に広がっていきます。

つけたばかりの時はそこまで香水の香りを感じることができなくても、時間が経つにつれてほのかに香ってきます。

足首は汗をかきにくい部分なので、香水の香りをキープできる部位でもあります。

 

避けた方がいい場所

脇の下や足の裏

香水は体温が高い場所につけた方が香りやすいのですが、この2つの場所は、汗をかきやすい場所でもあります。

汗の臭いと香水の香りが混ざってしまうと、香水本来の香りの良さを出せないので、汗をかきやすい脇の下や足の裏は避けてください。

 

陽の光が当たる場所は避ける

香水の中には紫外線の影響を受けてしまう成分を持っているものもあり、直射日光が当たると、肌にシミができてしまう可能性があります。

そのため、直射日光が長時間当たるような場所は避けるようにしてください。

 

洋服にはつけない

先ほども少し紹介させていただきましたが、香水を洋服につけると、ほんのり香らせることができますが、シミになる可能性があります。

また何度もつけ直しているうちに、生地を痛めてしまうことにもなります。

どうしても洋服の上からつけたい場合は、香水を空中に噴射させ霧状の下をくぐるようにするといいですよ。

 

おすすめのふんわり香らせたいときのつけ方は?

お花と香水

香りは下から上に広がっていくので、ふんわり香らせたい時には、体の下の場所につけるのがおすすめです!

下の場所につけておけば、時間とともに香りが上がってくる頃には、ふんわりとした香りになっています。

スカートの時には「膝の裏」「太もも」に、ズボンの時には「腰周り」「足首」につけるのがおすすめですよ。

また香りがそこまで強くない香水でしたら「胸元」につけるのもおすすめです。

すれ違った際にふんわりと香わせることができるんです。

通り過ぎた人に「今の人いい香りだな。」と思わせることができちゃいます。

こちらの動画も参考にしてみてください。

 

ここからは、ふんわり香らせたい人におすすめの香水を男女別にご紹介していきます。

女性向け

ランバン LANVIN エクラ・ドゥ・アルページュ ECLAT D’ARPEGE
 

甘い香りの中に爽やかさもあるとても柔らかなフローラルとムスクの香りの香水です。

クセがない香りでつけるシーンをあまり選ばないのもいいです。

あまり個性的な香りの香水ではありませんし、そこまで強い香りではないため香水初心者の人でも使いやすく、ほんのり香らせたいという人にはピッタリです。

 

shiro シロ 練り香水 ホワイトリリー

created by Rinker
shiro
¥3,400 (2020/06/02 14:18:17時点 Amazon調べ-詳細)

固形タイプなので持ち運びやすく、つける量を調整しやすいのが特徴です。

バックに入れておいて、少量ずつこまめにつけ直せるので、ふんわり香らせたい人には使い勝手が良いです。

 

男性向け

ドルチェ&ガッバーナ DOLCE & GABBANA

created by Rinker
DOLCE & GABBANA(ドルチェアンドガッバーナ)
¥5,160 (2020/06/02 14:09:53時点 Amazon調べ-詳細)

花とフルーツのフレッシュでライトな香りの香水です。

甘さと爽やかさのバランスが丁度よく、その中にちょっとしたセクシーさもあるのでビジネスシーンからデートまで、どういったシーンでも使いやすい香水です。

 

LEOMEN フレグランスバーム シトラスムスク

つけた瞬間から、ほのかなシトラスムスクの香りをまとうことができる香水です。

ウオータープルーフの香水になっていて汗や水に強いので、長時間塗りなおさなくても香りをキープしてくれる優れものです。

つける量を調節しやすいので、ビジネスシーンでも安心して使えます。

 

こちらの記事でも香水の付け方についてご紹介しています。

良ければ参考にしてみてくださいね!

まとめ

香水は種類によって適量が違うので、まずは自分が持っている香水の種類を確認してみるといいですね。

もしわからなかった時には基本「1プッシュ」と覚えておくとつけすぎる心配がないです。

また、つける場所によって香り方が変わってくるので、ご紹介した男女別のおすすめの場所を参考に、色々な場所につけて違いを楽しんでみてください。

今持っている香水でも、まだまだ新発見がありますよ。

 

SPONSORED LINK