こんにちは!ライターの菅原です!

もうすぐ楽しいハロウィンです!

この季節は、子どもたちが中心になって仮装パーティーをすることも多いですが、せっかくだから仮装のキャラクターになりきったメイクをさせてあげたいですよね?

私の小学生になった子供たちもハロウィンパーティーに招待されていて、今からどんな仮装にしようかと悩んでいるんですが、今年は選ぶキャラクターに合わせて、ハロウィンメイクをさせてあげたいと思っています。

でも、衣装の準備などにもきっと手間がかかると思うので、なるべく簡単にできるものがいいと思っています。

そこで、何かないか調べてみると、子供向けで簡単に可愛いくできるメイクのやり方がいくつか見つかったので、今回は人気のキャラクター別に紹介していこうと思います!

女の子と男の子それぞれに人気のメイクを選んでみたので、参考にしてみて下さいね!

 

SPONSORED LINK

 

ハロウィンメイクを簡単に子供にしてあげるなら何がおすすめ?

ハロウィンのコスプレをしている子供

ハロウィンメイクと言えば、派手で怖い顔を想像しがちですが、小さい子供向けのメイクなら、可愛らしい仕上がりになるものがおすすめです!

ここでは、ハロウィンパーティーの為だけに特殊なメイク用品を買わなくても、既に持っているメイクグッズや、100均でも買える身近な物を使って簡単にできるメイクを紹介していこうと思います!

女の子と男の子に分けてご紹介していきますね!

猫ちゃん(女の子)

ねこの仮装のイラスト

女の子の仮装では、猫ちゃんメイクは定番のようです。

やり方を調べてみると、思った以上に簡単で、見た目もとっても可愛いので、幼稚園児など小さいお子様にもおすすめです!

このメイクには、簡単に落とせる絵の具のようなボディペイントかフェイスペイント用のカラーを使います。

100均にも様々な色が売られているのを見かけたので、道具を揃えるのも簡単だと思いますよ!

●用意するもの

・ボディペイント(白)

・アイライナー

 

1000円以下で猫ちゃんメイクに必要なカラーが全て揃うこちらのフェイスペイント用セットもおすすめです。

 

●メイクのやり方

①鼻の下を白のボディペイントでぼかしながら塗る
真っ白にべったり塗らず、指でぽんぽん叩きながら、ぼかしてあげると猫のようなふわふわ感が出て可愛らしい印象になります。

②アイライナーで鼻を黒く塗る
鼻のてっぺんだけを丸く塗りつぶします。

③アイライナーでひげを描く
まず鼻下のくぼんでいる所に縦線を一本引き、白く塗ったところの上にいくつか点々を描きます。次に両方の頬に、3本ひげを描きます。3本ひげはキティちゃんをイメージして描くと、とても可愛く仕上がりますよ!

④アイライナーで猫目を作る
目じりにだけ、ハネ上げラインを入れて、猫のようなつり目を作ります。じっとしない子供にアイメイクは難しいので無理にやることはないですが、お子様が嫌がらなければアイメイクまでしてあげると一気に本格的になりますよ。目頭にも斜め下に短くラインを引くと、更に猫感が出ますよ。

 

●ワンポイントアドバイス

もう少し可愛らしい印象にしたい場合は、お母さんが使っているリップとチークをプラスしてあげると、血色が良くなっておすすめです!

ハロウィンで人気の黒猫の衣装にも濃いピンクや赤が映えそうです。

こちらの動画では猫メイクのお手本を詳しく紹介しています。

アイライナーの線を引く位置など、文章では分かりづらい所もあると思うので、是非動画で見てみて下さい!

【 ハロウィン簡単メイク】子供のネコメイクに挑戦!!

 

魔女(女の子)

魔女の仮装のイラスト

大人の仮装としても定番の魔女は、子供にも人気の仮装です!

魔女の仮装は、衣装を着るだけでも可愛いですが、ちょっとメイクしてあげるだけでワンランク上の魔女になりますよ!

基本的にはママがいつも使っているようなお化粧道具で仕上げることができるので手軽だと思います!

●用意するもの

・アイシャドー(紫系)

・アイライナー

・リップ(赤)

 

●メイクのやり方

①まぶたにアイシャドーをのせる
アイシャドーの色は紫系の色が魔女っぽくておすすめです。紫を持っていなければ、100均にも色んなカラーのアイシャドーが売っているので、チェックしてみるといいですよ!
ラメが入ったものを選ぶとキラキラして可愛いと思います!

②アイライナーでつり目をつくる
目じりにだけハネ上げラインを入れます。アイライナーの色は、ブラウン系よりも黒の方が魔女のようなキツい目元になるのでおすすめです。

③赤いリップを塗る
魔女メイクの口元は、血をイメージした真っ赤なリップがぴったりです。リップを派手にすると、ハロウィンらしい特別感のある顔になります!

 

こちらの動画は少し大人っぽい魔女メイクを紹介しています。

是非参考にしてみて下さいね。

ハロウィンメイク 簡単魔女メイク〜さおりん・みるきっずくらぶ〜Halloween Makeup プチプラ 100均メイク

こちらの記事では、子供向けのハロウィン用衣装そご紹介しています!

 

SPONSORED LINK

 

ゾンビ(男の子)

ゾンビのイラスト

ゾンビもハロウィンでは定番の仮装ですが、衣装だけではゾンビ感は出ないものです。

でも、ゾンビメイクと言うとお金のかかる特殊メイクを想像しがちですが、もっと手軽に安くできないか調べてみたら、100均グッズのみでできるメイク方法を発見できました!

早速、ご紹介していきます!

●用意するもの

・オブラート

・ティッシュ

・口紅(赤)

・水性クレヨン(青や緑、黒などの暗い色)

・つまようじ

・リキッドファンデーション

 

●メイクのやり方

①オブラートを口元に貼りつける
口から片側の頬まで少しずつ水をつけながらオブラートを貼りつけていきます。口の開き口は後から作るので、現時点では口も覆ってしまって大丈夫です。ここはゾンビの腐った皮膚の部分になるので、ぴたっと貼らずにくしゃくしゃっと貼る感じにしてみて下さい。

②ティッシュをちぎりながら貼りつける
オブラートの上に小さくちぎったティッシュを水で貼りつけていきます。ここもくしゃくしゃに適当に貼れば大丈夫です。

③口の部分を切る
つまようじを使って、口の開く部分を切ります。口呼吸ができるようになったら、本来の口の大きさよりも大きくティッシュの部分を切っていきます。口が裂けたように見せることを意識してみて下さい。一気に切ろうとすると唇を切ってしまうかもしれないので、子供が怪我しないように注意しながら作業して下さいね。

④下地に色をつける
リキッドファンデーションで下地に色をつけてから、赤のリップを中心に青や緑、黒のクレヨンを使って血の感じを出すようにティッシュで作った皮膚に塗り重ねていきます。上からポンポン押さえつけるようにして、濃淡をつけながら塗っていくとよりリアルになります。

 

●ワンポイントアドバイス

作り物の皮膚との境目を分かりにくくするために、水で落ちるクレヨンなどで少しはみ出して色を塗ると更にリアリティが出ます。

作り物の肌の面積を増やし過ぎてしまうとかなり怖い印象になってしまうので、ワンポイントがいいと思います。

こちらの動画も参考にしてみて下さい。

特殊な道具は使っていないのに、かなりクオリティの高いゾンビメイクができていますよ!

【子供】ハロウィン ゾンビメイクやってみた!【激安】

ドラキュラ(男の子)

ドラキュラのイラスト

ハロウィンにぴったりのドラキュラは、男の子に大人気の仮装です!

ドラキュラメイクは、ママのメイクポーチにあるようなもので簡単にできてしまうのでおすすめです。

しっかり色を出したい場合は、市販のボディペイントやフェイスペイントを使って下さいね。

●用意するもの

・口紅もしくはボディペイント(赤)

・アイシャドー(黒系)

 

●メイクのやり方

①目の周りをアイシャドーで囲む
黒系の濃い色のアイシャドーで目を囲み、窪んだ目を作ります。

②赤いボディペイントで血の跡を作る
頬に傷跡を描いたり、口から血を流したようなあとを描きます。赤い口紅を使っても良いですが、ボディペイントの方がにじみにくく長持ちなので、活発な男の子にはボディペイントがおすすめです。

 

●ワンポイントアドバイス

ドラキュラの最大の特徴であるキバは衣装と一緒に買うのも良いですが、アイライナーで描く方法もあります。

下唇の上からキバ風の逆三角形を描けばそれっぽく見えますよ!

こちらの記事では男の子のハロウィン衣装をご紹介しているの、よければ参考にしてみてくださいね!

まとめ

子供が喜ぶようなキャラクターのメイクは、意外と簡単にしてあげられるんだなと、わかったので、早速、私も準備にとりかかろうと思っています!

うちの娘は猫ちゃんメイク希望なので、白色のボディペイントを買うだけで、後は自分の普段のお化粧道具で間に合いそうです。

本番までに子供と相談して、練習してみたいと思っています!

なお、こちらの記事ではハロウィン気分を盛り上げる部屋のデコレーションについてご紹介しています!メイクと合わせて行えば写真映えしますよ!

 

SPONSORED LINK